組織変革

道の真ん中で夜空を見上げる人

「知識を得る」だけではなく「実行できるか」がカギ

「ノウハウはあるのに業績が伸び悩んでいる」「優秀な社員が揃っているにもかかわらず、成長していない」という企業は、実行力が不足しているのかもしれません。実際、知識の有無ではなく、実行できるかどうかが企業の成長を左右するとい …

組織変革
進化デザイン戦略

予測のつかない未来への備えこそが会社の未来をつくりだす

ビジネスにおいて、複雑な社会、経済の環境に適応していくためにも、未来の不確実性に備えるということは非常に重要です。また、時代の流れとともに成長する企業になるためには、予測のつかない未来に備え、どのような環境でも適応してい …

イノベーション
進化デザイン戦略

志が進化の原動力となり、熟考が競争優位性を更新し続ける

目まぐるしく変化する時代の中で、市場における競争優位性を常に生み出すためには、組織進化が必要不可欠です。しかし、組織進化とうたいながらも、現時点でのニーズにのみ対応する戦略を講じる企業が多く、その結果、時代の流れとともに …

イノベーション

持続的成長にむけて共進化という選択肢もある

   近年、日本国内での経営環境は厳しさを増しています。そのため、企業が中長期的な競争優位を維持することは非常に難しく、安泰と思われていた大企業ですら短期間で業績が急降下し、市場での優位なポジションを失うケースが増えてき …

組織変革

「高き志」で事業を拓く

  改革は修羅場の連続です。ときには心が萎えてしまうことがあるでしょうし、「失敗してしまった!」と思うこともしばしばです。でも、その失敗から学んで大きな飛躍につなげるために、改革者はどのように気持ちを維持していったらいい …

組織変革

恐怖心を追い払う

 改革や再生の現場で起こる混乱に遭遇すると、思わず立ちすくんでしまうこともしばしばあるでしょう。そこから先に進めないのであれば、それは、自分の中に‟恐怖”という大きな「壁」が存在しているからです。もう半歩でも先へ進むため …

組織変革

社員が理解して行動してくれる「事業戦略」を立案するときのチェックポイント3選

 立派な事業戦略は立てたものの、現場が回らず上手くいかなかった経験はありませんか?社員が理解してくれて、行動できる、“使える”事業戦略にするために、メンバー自ら創発的に策定する方法をとることがあります。戦略立案者がその戦 …

組織変革

経営改革を始めるときの重要ポイント ~理念の共有~

  改革プロジェクトを推進する上で、最初に行うことは「理念の共有」です。多くのプロジェクトは「理念の共有」が蔑ろにされており、失敗してしまうケースが多々あります。今回は2つの事例を紹介しながら、いかに「理念の共有」が大切 …

組織変革

組織改革を始めるときに抑えなければならない5つのポイント

 組織改革の入口に立ったときに改革者が知っておくべき「改革」の設定の仕方と留意点について解説していきます。事業や組織を改革したいとき、その第一歩を間違えてしまうと改革は失敗し、その修正に膨大なエネルギーと時間を要すること …

組織変革

不確実性の時代に向けて、ダイナミック・ケイパビリティを備える

 「ものづくり白書2020」で注目を集めた「ダイナミック・ケイパビリティ論」。今日、「ダイナミック・ケイパビリティ」を備えた意思決定が経営者に求められています。なぜなら、不確実性が高く、先行きが不透明な現代において、「何 …

イノベーション